無機質系塗料AP-COAT

コンクリートを保護する塗料エーピー・コート

改修の実例

産業の源である工場や物流倉庫などの生産施設の床は、常に厳しい条件のもとに置かれています。AP-COATは耐摩耗性が強く、短時間で表面強化、スピード施工が可能です。業務を休むことなく耐久性に富んだ強靭な床を形成できます。

某自動車会社での施工例

改修前
改修後

某企業での施工例

改修前
改修後

某自動車倉庫での施工例

改修前
改修後

某企業での施工例

改修前
改修後

某マンションでの施工例

改修前
改修後

某所トイレでの施工例

改修前
改修後

パチンコ店駐車場での施工例

改修前
改修後

某アパレル会社での施工例

改修前
改修後

某企業での施工例

改修前
改修後

某飲食店での施工例

改修前
改修後

適している現場は、地下駐車場、地下商店街の通路、食品加工工場、製紙工場および化学工場、会場ヘリポート、会場施設、港湾施設、倉庫および機械工場の床。

構造物の内装仕上げに適しているほか、塩ビタイル、エポキシ塗床、石貼り床、表面強化着色モルタルなどの表面強化と美装仕上げにも適しています。

AP-COATの5大特性

耐熱性

AP-COATは、優れた不燃性能があり、特にガス有害性能試験ではラットの生存時間が15時間生存する結果を得ています。

不燃性比較(700℃バーナー照射試験)

耐摩耗性・耐久性

AP-COATは、エポキシ樹脂の2倍以上、高い摩耗性を持っているため塗装寿命が2倍以上延長されます。特にUV抵抗性が高く、外部施工にも耐久性が優れています。

耐摩耗性試験結果
AP-COAT質量減少0.16g
エポキシ樹脂質量減少0.36g

耐接着性

AP-COATは、高湿下でも優れた接着性能を持っているので、コンクリート、鉄、塩ビ、タイル、骨材入散布型着色強化床、エポキシ樹脂に適しています。

耐候性・耐薬品性

AP-COATは、優れた耐候性があるので、内・外部に使用可能です。酸、アルカリ性物質にも強く、耐薬品性を有し、塩害(発錆)にも強い結果を得ています。

環境対応型

AP-COATは、環境に優しい仕上げ材です。アルコール系で臭いが少なく有害な揮発性物質の発散はありません。

AP-COATの塗膜性能

10℃20℃30℃
指触乾燥時間6時間4時間2時間
乾燥硬化時間12時間8時間5時間
完全硬化時間7日間5日間2日間
塗膜硬度3H
最終塗膜半艶仕上げ
固形分(%)65.4
比重1.0 〜 1.1
塗膜安定期間1年間
塗布量0.2kg/㎡(2回塗標準)下地の状況では若干使用量が異なります
配合比率(重量比)(クリア)  基材 : 硬化剤 = 3.5 : 1
(着色)  基材 : 硬化剤 = 11 : 7
(防滑仕上)  基材&硬化剤 : 骨材 = 100 : 5
(ペースト)  基材 : 硬化剤 = 10 : 1.2
色調クリアー、グリーン系、グレー系、ベージュ系、赤茶 他
梱包18kg / セット

塗膜の汚染除去性能

下記に示す、各液体を塗面に垂らし所定の時間放置後、中性洗剤で軽く拭きとった後、塗装面へのにじみ、汚染除去の難易度を調べる。

汚れの評価は3段階とする。

0 = 汚染跡無し。きれいな塗面である。
5 = わずかな汚染有り。
10 = 汚染有り。拭き取り不可。

30分1時間1.5時間24時間
バルサミコ酢101088
赤ワイン101099
モーターオイル10101010
エンジンオイル10101010
スカイドロール1010106

塗床材との特性比較一覧

特性エポキシ塗床ウレタン塗床表面強化剤AP-COAT
接着性
耐摩耗性
耐汚染性
引っ掻き抵抗性
不燃性
外観(平滑性、色調、光沢)
環境対応性
透気性
耐溶剤性
耐水性
耐酸、耐アルカリ性
滑り抵抗性
メンテナンス性(清掃、耐久性)

塗膜の膨れ促進試験

膨れ促進試験
コンクリート下地3/4水中浸漬、
水温35℃、
外気温20℃、
5週間浸漬、引張り付着、
剥離試験。

  • 湿潤面コンクリート下地に対して接着力と透湿性を有し膨れない。

塗床材との性能比較一覧

性能組成施工手順長所短所
AP-COAT シリーケートを骨格とした有機/無機の複合体 下地処理
上塗り
コンクリート表層強化材ならびに美装材の性能を有す。 耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性に関し、他の塗材より遥かに優れる。 耐汚染性、優れた耐薬品性(酸・アルカリ)、耐溶剤性、耐水性を有す。 透湿性がある無機質下地に対する接着が優れるメンテナンスが容易である。低VOCで環境に優しい。 2成分タイプで現場混合。
表面強化剤 シリケート系金属塩 下地処理
散布/浸透
清掃
弱材齢コンクリートに塗布可能。コンクリートからの塵埃防止効果。 コンクリート表面の強化水蒸気、薬液等からの抑止効果が期待できる。 コンクリート表層の耐久性向上。 色調が不可能。
エポキシ、ウレタンより汚れやすい。美装性が劣る。
塵埃が発生しやすい。
ウレタン塗床 ポリオール系樹脂

イソシアネート系
硬化剤
下地処理
下塗り
上塗り
防水性能、耐薬品性能に富む。靭性があり、耐衝撃性に優れる。 耐久性能に富む。
伸延性に優れる。
エポキシより乏しい接着力。塗膜が柔らかいため切れやすい。不透明性、耐熱性に乏しい。
エポキシ塗床 ビスフェノールA型
エポキシ樹脂

変性アミン硬化剤
下地処理
下塗り
上塗り
高硬度で耐衝撃性、耐摩耗性などの優れた物理性能。 耐酸性・耐アルカリ性、耐油性、耐水性および耐溶剤性など耐薬品性に富む。 優れた接着力。
補修材料として取り扱いが容易。
黄変がある。
透湿抵抗性樹脂塗膜に対する接着力、耐熱性に乏しい。

施工手順

各工法の表にある使用量の単位は「kg/㎡」、塗装間隔の単位は「時間」となります。

コーティング工法

半艶仕上 - 0.2mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
下塗りAP-COAT着色0.13〜4
上塗りAP-COAT着色0.112

※ 特に耐摩耗床の塗替におすすめします。

 

上塗り
下塗り
コンクリート

コーティング工法

艶あり仕上 - 0.3mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
下塗りAP-COAT着色0.13〜4
上塗りAP-COAT着色0.13〜4
保護材AP-COATクリアー0.112

※ 外部にも使用して頂けます。

保護材
上塗り
下塗り
コンクリート

防滑工法

ノンスリップ仕上 - 0.3mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
下塗りAP-COAT着色0.13〜4
上塗りAP-COAT着色

セラミック骨材
0.1

0.005
3〜4
保護材AP-COATクリアー0.112
保護材
上塗り
下塗り
コンクリート

ペースト工法

耐久性仕上 - 1.0mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
下塗りAP-COAT着色0.153〜4
中塗りAP-COATベース1.224
保護材AP-COATクリアー0.1512

 

 

保護材
中塗り(ベース)
下塗り
コンクリート

ペースト工法

耐久性仕上 - 2.0mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
下塗りAP-COAT着色0.153〜4
中塗りAP-COATベース2.224
保護材AP-COATクリアー0.1512

 

 

保護材
中塗り(ベース)
下塗り
コンクリート

遮水工法

膨れ防止仕上 - 4.0mm - 20℃時

工程仕様材料使用量塗装間隔
プライマーAP-COATプライマー0.153〜4
ベース塗AP-COATパウダー8.012
AP-COATレジン1.8
下塗りAP-COAT着色0.13〜4
上塗りAP-COAT着色0.13〜4
保護材AP-COATクリアー0.1512
保護材
上塗り
下塗り
ベース塗
プライマー
コンクリート

環境にやさしい無機質系塗料ペイント

AP-COATは、シリケートとナノ粒子のセラミックバインダーを主成分とし、少量の有機物を分子単位で合成した環境に優しい無機質系塗料です。透明で液状の基材と硬化剤で構成されており、現場で所定の配合比率で混合して使用して下さい。

注意事項

  • 施工時など、材料に直接触れた場合は下記の処置をお願い致します。
    • 目に入った場合は、直ちに水で洗い流し、眼科医にご相談下さい。
    • 皮膚に触れた場合は、水および石鹸で洗い流して下さい。
  • 材料の取り扱いは、防護マスクや眼鏡を使用して下さい。
  • 作業所内の換気は常に良く保って下さい。
  • 1年以上経過した材料は、使用しないで下さい。

下地の条件

  • コンクリート下地はケットの水分系表示値で5.6以下の水分値であること。
  • 施工時の気温は躯体温度で5℃以上、相対湿度85%以下であること。

下地の処理方法

  • 下地コンクリートが脆弱な場合は、AP-COATとの接着力を高めるために浸透性エポキシ樹脂を下地に吸い込ませ、吸い込みが収まるまで塗布し、下地コンクリートの強化を図る。
  • 0.4mm以上の大きなクラックはクラックに沿って二枚刃のダイヤモンドカッターで5mmほどの深さにカット、掃除機などで切りくずを除去後、液状エポキシ樹脂・エポキシパテなどで平滑になるまで充填する。
  • 不純物はショットブラスト・サンダー等で表層の脆弱層を完全に除去し、強固なコンクリート面を出して表層粉塵などはバキュームで吸引する。
  • 既存下地に施工されている塗装材が脆弱・油分面下地などの場合は、エポキシプライマーを塗布、乾燥後(2時間〜3時間)、3mm以上の大きな下地欠損部はイポキシモルタルで、それ以下の部分はAP-COATにエロジルを加え、パテ状にしたもので全面にしごきで平滑に処理を行い、12時間以上経過後、ポリッシャー(研磨紙#180度程度)で表面を平滑に処理をする。

無機質系塗料 AP-COAT のご購入については お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ! TEL 092-812-6411 お問い合わせフォーム