耐震補強工事

新築と修繕の技術が進化を見せる。診断サポートから耐震補強工事まで盤石の体制。

炭素繊維補強(SR-CF工法)

RC・SRC造の柱・梁・耐力壁に炭素繊維シートを巻付け、エポキシ樹脂を浸透させる事により形成されるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)によって部材のせん断強度を高める工法。

CFアンカー

CFアンカーは鋼製ブラケットや鋼板とアンカーボルトに替わる炭素繊維シート端部定着材料で、炭素繊維シート同士を連結する場合に用います。 炭素繊維シートの原材料である炭素繊維ストランドを工場で成形加工したもので、取付け方としては、貫通型と埋込型があります。 CFアンカーは、鋼材に比べ軽量で設置時の揚重機が不要であり、施工性・安全性に優れています。 CFアンカーを構成している炭素繊維ストランドの引張強度はアンカーボルトよりも大きく、直接定着するため埋込用孔は小さくできます。 また、炭素繊維シート同様腐食しない事から、防食に対するメンテナンスが不要です。

包帯補強(SRF工法)

壁や柱にポリエステル製の高延性材を被覆する耐震補強工法。軸力比の制限を受けない規程となっており、ピロティ-・壁抜け柱等の地震によって繰り返しおおきな軸力を受ける柱に最適。 SRF工法では被覆材単体で効果を発揮する事、接着が一部解除した場合も効果を持続する事が特徴で施工性と耐久性に優れています。 また、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン等のシックハウス症候群の原因物質が発生せず、ビスフェノールA等の環境ホルモン懸念物質も含まない為、環境面においても優れた工法です。

天井プレート(CFラミネート工法)

既存のRC梁・RCスラブの曲げ補強に、CFRP板を粘度の高いエポキシ系接着剤で貼付ける補修・補強工法。作業が容易で、施工期間も短く施工性に優れた工法です。 CFラミネートは高強度・高耐久性かつ軽量な補強材で、曲げ補強筋の腐食や鉄筋切断等に伴う断面欠損により低下した許容曲げモーメントの回復及び 積載荷重の増加に対する許容曲げモーメントの向上が可能になります。

耐震ブロック(3Q-wall工法)

小型で高強度のプレキャストブロックを組積し、ブロック内部にグラウトを充填して構築する耐震壁及び袖壁です。 あと施工アンカーの打設・型枠の組立や解体作業時の騒音や振動を、ガイドスチールの接着やプレキャスト施工によって解消いたします。