ブログ - 2020-04-01 00:00:00

ペットに対するトラブルを防ぐための方法とは?その②

今ではペット可のマンションが増え、実際にマンションで犬や猫といったペットを飼っている方は多いといいます。そこで、・・・

ペットと暮らしている居住者様必見!! ~ワンちゃん(犬)編~

マンションの改修工事が始まると、居住者の皆様だけでなく、一緒に暮らしているペットも何かとストレスを感じる事が多くなってしまいます。できるだけ普段通りの生活を送って頂けるような工事計画をたてていても、“騒音”・“埃”・“臭い”については、どうしても避けられない問題です(T_T)

 では、どのような工事の時にどのような問題が発生するのか。

工事スケジュールにそって、実際にペットの様子とそのご家族がどのような対策をとっているのかを紹介させていただきます。

お客様のS様より、大規模修繕工事当時の愛犬(柴犬の大ちゃん)の様子と、それに応じたペット対策等のお話を伺いました。

工期:9月2日~12/27の4ヶ月間
工事10日目~40日目 
工種:調査・マーキング→躯体補修工事

調査・マーキングとは、建物の劣化度合いを実際に打診棒等で打診調査を行い劣化の種類に応じた目印(マーキング)を付ける事です。磁器タイル面・塗装面・バルコニーや共用廊下の壁や天井等ありとあらゆる場所を隅々まで調査します。劣化の種類に応じた目印は、この時点で図面におとされ”劣化図面”を作成します。大規模改修工事を建物の手術とするならば、劣化図面はそのカルテの役割を担います。

躯体補修工事とは、調査によって劣化の種類毎にマーキングした劣化部位を補修する工事です。施工する場所(タイル面・塗装面)や劣化状況によって様々な工法があります。工事の工法上タイルやコンクリートを斫ったり、削孔したりする為、騒音や振動・埃が発生します。

・躯体補修工事作業中は騒音や振動・埃が発生します。
・埃が部屋に入らないよう、窓の開閉もご遠慮いただいています
・作業中はバルコニーの前を作業員が行き来するので、カーテンを閉めていいただくようご協力いただいています。

※調査・マーキング及び躯体補修工事について詳しく知りたい方はコチラ→ 

居住者S様と柴犬の大ちゃん(男の子)の場合

我が家の大ちゃんの様子はというと…

工事の騒音や、バルコニー前を行き来する作業員にも徐々に慣れてきた大ちゃんですが、新たな問題が発生。臭い問題です。犬は人間の100万~1億倍の嗅覚を持つともいいます。

タイル面のマーキングにはマスキングテープ・塗装の壁にはスプレータイプの塗料を使用していました。スプレー塗料が乾くまでは若干のシンナー臭がしました。乾いてしまうと臭いは気にならないのですが、犬は人間の1万倍以上の嗅覚です。人間よりは臭いを感じている事でしょう。臭いに関しては、強く吠えるという事はありませんでしたが、とってもストレスですね。

そしてマーキングが終わったら、躯体補修工事。

ドドドドドドドドド・・・  ガリガリッ   カンカンカン・・・

コンクリートを削孔する音や、タイルを剥ぎ取る音とともに小さな振動がやってくる。我が家の大ちゃんも工事の音に最初はびっくりして吠えていましたが、これも2~3日で慣れてくれました。犬の順応力って凄いんです。ですが、振動は落ち着かないらしくキョロキョロしながら家の中をうろついています。

ここでいったん話をまとめます。

工事内容:調査・マーキング/躯体補修工事(建物の劣化箇所を調査し劣化状況に応じた印をつけ、それに応じた補修を行う工事)

☆大ちゃん(犬)のストレスポイント
騒音・振動・埃 + 臭い

☆大ちゃん(犬)の様子
①騒音に対しては2~3日ほど吠える
②振動に対しては落ち着かず部屋の中をウロウロする
③臭いに対しは吠えなかった

ここで調査・マーキング・躯体補修工事時の我が家のペット(犬)対策をご紹介します。

①騒音に対しては2~3日ほど吠える
②振動に対しては落ち着かず部屋の中をウロウロする

→ 直接仮設工事の時と同様に犬の個人差はあるものの、音や振動には慣れてくれます。慣れてくれればそのうち吠えなくなります。我が家は騒音・振動対策としてペット用のゲージを用意しました。ゲージの周りを布で覆って暗くして、犬が安心できる空間にしたり、少しでも静かな部屋へゲージごと移動したりもしました。しばらくの間は安心できるゲージの中で過ごしながら騒音や振動に徐々に慣れていきました。慣れるのに1週間程かかりました。

解決策:ペット用のゲージ等を用意して、犬が落ち着く空間を作る事

③ 臭いに対しは吠えなかった

→とは言え、犬は人間の1万倍以上の嗅覚を持つと言われていますので、外からの臭いが部屋内に入らないように窓をしっかりと閉めて、換気扇もつけないようにしました。事前のお知らせで工事期間中は窓が開けられない事を知っていたので我が家はこれを機に空気清浄機を購入しました。空気清浄機は臭い対策というよりは、振動によるハウスダストやペット自身の臭い対策です。工事の臭いに対して一番効果的だったのは、換気扇をつけないという事でした。

解決策:換気扇をつけずに臭いをシャットアウト!

まだまだ続きます・・・ 

次回は、洗浄・塗装・防水工事についてです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


大規模修繕工事のための知識!

大規模改修工事では、いろいろわからないことや、心配事があると思います。そこで、アストでは管理組合の皆様に役立つ情報をお届けしています。

皆様こんにちは。早速ですが、アスベストというものをご存じでしょうか?大規模改修工事を計画するうえで結構問題になるのがこのアスベスト。大規模改 ...

2020-05-07

今ではペット可のマンションが増え、実際にマンションで犬や猫といったペットを飼っている方は多いといいます。そこで、・・・ ペットと暮らしてい ...

2020-05-07

今ではペット可のマンションが増え、実際にマンションで犬や猫といったペットを飼っている方は多いといいます。そこで、・・・ ペットと暮らしてい ...

2019-12-26

直接仮設工事とは??? こんにちは。   早速ですが、マンションの大規模修繕工事・大規模改修工事を行う際に必ずと言っていいほ ...

2019-12-26

皆様、こんにちは。株式会社アストと申します。 大規模修繕工事・大規模改修工事に携わりながら、たくさんの経験をさせていただいています。今後は ...

2019-12-26

資料のご請求・ご相談

株式会社アストはこれまでコンクリート構造物工事(耐震補強工事等を含む)においては7,000件以上の実績がございます。大規模修繕工事に関するご相談やご依頼は、安心してお気軽にお問い合わせください。
お電話・インターネットにてご連絡